稲生高校スノーボード実習 〜ダイナランド校 副校長 ヒロキチブログ〜

先日、1/25・26・27の3日間、稲生高校体育科の1年生がスノーボード実習に来てくれました!

この実習は授業のいっかんなので、インストラクターも生徒も真剣そのもの。

実はこのスノーボード実習、3日目の最終日には日本スノーボード協会の4級・5級の検定会を目指した実習なのです。

 

ほとんどの生徒がスノーボードは初めて。

スノーボード検定を合格するためには、連続ターンの完成が必須!

3日間の実習で、全員が合格を目指します。

生徒たちは検定へ向けて猛練習。インストラクターもプライドをかけて、指導にも熱が入ります。

 

 

初めてのスノーボードは、他のスポーツに比べても非常に難しく、リスクも伴います。

初めてのスノーボードを思い返してみると、たくさん転んで、やり方もどうしていいかもわからず、とにかく転んで、体で覚えた、という方も多いのではないでしょうか?

そこで、もしケガをしてしまったら?

痛い思い出、辛い思い出ばかりで、もう二度とスノーボードなんてやるものか!と、スノーボードに対して悪いイメージがついてしまう方もいるでしょう。

 

今回のスノーボード実習でも、それは同じこと。

我々が大好きなスノーボードを、好きになってもらいたい!

上達する楽しさを感じてもらいたい!

そのためには、まず安全に、ケガのないように努めること。

これが我々のモットーです。

 

1.ケガなく、安全に。

2.スノーボードを楽しんで

3.上達を。

 

初めてのスノーボードに関わらせてもらうからには、

「スノーボードを好きになってもらいたい!」

「最高の雪山体験を提供したい!!」

 

そんな想いで臨んだ今回のスノーボード実習でした。

 

 

 

天気にも恵まれて、3日間とも絶好のバーンコンディション。

生徒たちは、本当に一生懸命スノーボードに取り組んでくれていました。

インストラクターは、全力で指導にあたりました。

 

その甲斐あって、今回のスノーボード検定では、90%以上が検定に合格。過去最高レベルの合格率となりました。

このような素晴らしい成果に繋がったこと、大変嬉しく思います。

 

検定終了後は、開放感たっぷりに晴れ晴れとした気持ちで、ゲレンデを滑っていました。

 

一生懸命に何かに取り組むからこそ、得られるものがあると思います。

一生懸命に頑張ってこそ、嬉しさ・楽しさは倍増します。

 

今回のスノーボード実習を通じて、生徒たちの心にも何か残ってくれればいいなーと思います。

 

 

最後は、、、

ハイタッチでお別れしました。

 

 

稲生高校の皆さん、3日間本当にお疲れ様でした。

またいつか、雪山で会いましょう!

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です